生命保険に入ったきっかけを聞いてみるとほとんどが
親戚や友人が保険の営業を始めたので、義理で入ったのが多いですよね
なぜ保険に入る必要があるの?
日本では、簡保やJAなども含めると生命保険の世帯加入率は90%以上と非常に高い数字を示しています。

もちろん、病気などで保険に入りたくても入れない人や、保険がキライで入らない主義の人もいるので、ほとんどの人が加入しているといっていいのではないでしょうか?

なぜ、保険に入るのかというと生命保険の役割は、生命に対して何かのトラブル、例えば、病気、ケガ、死亡などが起こった場合の備えという面が一番大きいと思います。

特に、家族を支える父親の場合は、自分に万が一のことがあった場合に、残された家族に十分な死亡保険金を残すことが大切です。

さらに、日本は世界にまれに見る長寿社会なので、老後の経済的備えとしての機能も重要になります。長生きすれば病気になるリスクも高まります。

日本は赤字国であり、経済的に苦しく、将来的にもらえるはずの年金制度に対しても不安な暗い話ばかりが聞こえてきます。若い年代の人たちを中心に、国民年金を支払わない人も多く、社会的な問題となっています。

人はだれでも年をとりますから、自分の老後に対して何らかのリスクマネジメントをすることが必要不可欠です。
老後は、自分で守るという心構えも必要なのではないでしょうか?
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。