収益マンション購入に関して(投資用)
不動産経営の魅力
生命保険の代わりになる
不動産購入のときに、銀行が指定する「団体信用生命保険」に加入することになります。 万一のことがあった場合、ローンは生命保険によって支払われるので、保証人や家族にローンは残りません。そして、 マンションは残された家族のものとなり、毎月の収入を生み出してくれます。

年金の代わりになる
不動産経営は、毎月収入をもたらしてくれるので、老後のための「私的年金」を確保することが出来ます。管理会社に管理を任せてしまえば、オーナーとしてほとんどすることがありません。
ローンは家賃収入から返済します。

節税効果
所得税・住民税の節税になります。
サラリーマンでマンション経営していて、その収支がマイナスの場合は、給与所得から控除することができます。マンション収入の確定申告の際に、必要経費として、管理費、修繕費、火災保険料、減価償却、建物部分の借入金利等を収入から控除できます。マンションで、実際は収入があっても、諸経費を控除して経理上マイナスの収支になることもあるので、所得税の還付を受けることができます。

相続税の節税になります。
お金や株の相続税の評価は基本的に時価が基準となりますが、不動産の相続税は、建物の場合、固定資産税評価額が基準となり、一般的に取得の50%程度になります。(若干地域により、誤差あり。)

インフレ対策
インフレとは、物の価値は上昇し、貯金などお金の価値は下がることをいいます。
インフレの時には、土地・建物の価値や賃料の上昇が考えられます。
そのため、 貯金以外に不動産投資などの分散投資がお勧めです。

年収で700万円以上あるのであれば、金融商品や不動産投資の複合的な投資を考えてみてはいかがでしょうか?
但し、物件の規模や価格については十分な吟味が必要です。
安直に投資をしてしまうと失敗します。
不動産購入に関して(本人住居用)
不動産購入時にかかる金額の目安
新築分譲マンション
 
新築戸建
 
中古住宅
売買価格の3~6%
 
売買価格の4~6%
 
売買価格の6~10%
不動産を購入するとさまざまな費用ががかかってきます。
不動産取得税・登録免許税・印紙税・消費税・司法書士報酬・ローンの契約書に貼る印紙税・ローン事務手数料・ローン保証料・団体信用生命保険への加入費用・保存登記(所有権移転費用)・抵当権設定費用・仲介手数引越し費用等上記に大まかな金額の目安を記載しておりますが、特に中古案件は様々な隠れた瑕疵物件等もありますので、注意が必要です。
土地活用
土地活用にもさまざまな運営の仕方があります。
一般的にはマンションが多いですが、その他に商業施設・物流倉庫・駐車場・医院開業支援システムでの医院誘致・福祉施設やホテルと実は土地活用にもさまざまな方法があります。最近では当社の提携先からの問い合わせも今は増えております。
最近では、テナントも出店にかなりの調査をしますので、若干中心部から離れた地域でも、テナントの誘致は可能です。
立地ごとに適した建物を建てる必要があります。
失敗例でよくあるのが、テナントが撤退した後に不動産業者が次のテナント誘致できない場合やマンションで駅からの距離が遠い為に賃貸がつかないケースです。
賃貸
店舗移転相談も下記まで
事務所移転相談も下記まで
お問合せはこちら
Get Adobe Flash Player
 ※最新のFlash Playerをダウンロードしてください。 FLASH / HTML
※Windows 95/98/Me/NTをご利用の方はHTML版のページをご覧ください。